派遣会社 ランキングと口コミ情報コミュニティ

「福利厚生」の有無は派遣会社を選ぶ時の重要ポイント

なたのお仕事だけでなくプライベート、保険と様々なサポートが受けられる「福利厚生」の有無は派遣会社を選ぶ時の重要ポイントですよね。
福利厚生には安心してお仕事に取り組むにあたって必要な社会保険や有給休暇なども含まれています。

人気の4サイトをシチュエーションで決定。まるごと紹介。


リクルート派遣
つねに上位に位置する人気サイト
インテリジェンス
非公開求人情報の豊富な掲載が魅力

はたらこねっと
同じ職種に転職を目指すあなたにお勧め。
アデコ
便利な民間の求人
サイトへの一括登録のサービス

福利厚生について

遣会社によって内容は異なりますがここでは代表的な福利厚生について
幾つかご説明していきたいと思います。

<保険>
加入基準を満たしている方は社会保険に加入する事が出来ます。
社会保険には健康保険と厚生年金保険が含まれています。
一般的には各派遣会社の健康保険組合への加入と言う形になります。
組合員になると様々な付帯サービスが用意されている組合もあります。
例えば、組合で定められている年齢以上を対象に無料での人間ドックの受診や、
フィットネスクラブを法人会員料金で利用できたり、系列会社利用での旅行時の宿泊補助金が
受け取る事が出来ます。

また雇用保険への同時加入もされます。
雇用保険はお仕事をやめられた時にとても役立つ保険です。
加入者は求職中に失業保険の給付が受けられますしハローワークでのお仕事探しがスムーズに行えたりハローワークが実施している職業訓練を受講する事が出来ます。

この職業訓練には無料で受講できる科もありますし受講中も求職中の方は期間内であれば失業保険の給付が継続されます。どちらの保険も毎月のお給料から差し引かれますので国民健康保険のようにわざわざご自分で納める手間がかかりません。

<有給休暇>
所定の期間(一般的には半年以上になります)、所定の時間の継続勤務で有給休暇が
取得できる権利が付与されます。初めの権利付与から、
さらに1年以上継続して勤務された方には2回目の付与があり、
継続して勤務する事1年毎に有給休暇が付与されます。
派遣会社によってはこの有給休暇を期間中に消化出来なかった場合に
清算するシステムをとっている所もありますので、
お仕事が忙しくてなかなか有給休暇を有効に使う事が出来ない!と言う方にも安心ですね。

<健康診断など>
ほとんどの派遣会社で1年に1回又は2回定期的に健康診断が行われています。
こちらは健康でお仕事を続けるには欠かす事が出来ませんよね。
また、結果によっては普段のあなたの健康面でのセルフチャックにも役立ちますね。
他には歯科検診や胃腸の検診などを行っている所もあります。

<スクール・セミナー関連>
スキルアップやライフプランに充実に繋がるセミナー・研修を実施します。
無料で受講できるものや割引価格で受講できるものまで形態は様々です。
スキルアップ関連はIT系、事務系、技術系など色んなセミナー・研修があります。
ライフプランアップの方面では「出産・育児支援」「マネー講座」「センスアップ」「ヨガ・アロマ・ビューティー系」などの講座がありますので自分磨きに、ライフスタイルの充実に役立てる事が出来ますね。
また、派遣会社によっては提携のスクールの優待価格での利用が用意されている所もあります。

<育児支援>
ベビーシッター、保育施設を割引価格で利用できたり、専門家に出産・育児などの相談ができます。
ベビー用品が購入できたり、お宮参りや七五三などの記念日の撮影をスタジオや写真館での利用もできる「こども商品券」をお得な価格で購入できるサービスがある派遣会社もあります。
働きながら育児に励んでいるパパ、ママにはとっても嬉しいサービスですね。

<その他の福利厚生>
こちらは各派遣会社の系列会社や提携している会社によって異なります。
先ずは、国内・海外で各宿泊施設を割引価格で利用できるサービス。
1泊500円から〜と普通では考えられないくらいのお得な価格での利用が
用意されている所もあります。割引率・使用可能な施設は各派遣会社によって様々です。
他にも各種チケットの先行発売が利用出来たり、遊園地などのレジャー施設やカラオケや
映画が特別価格で出来るサービスが用意されています。
女性には嬉しいエステ・美容室やウエディングドレスレンタルも特別価格で利用できるところもあります。

このように「福利厚生」には様々な保険やサービスが含まれています。
初めにありますように、個々派遣会社によって「福利厚生」は違ってきます。
ここで紹介しました内容以外にもまた違ったサービスが用意されている派遣会社もありますので、
登録の時や問い合わせの時に「どういった福利厚生があるのか?」確認するのが良いと思います。